Topics & Lifestyle 空閑晴美 コラム

秋の収穫と冬野菜

お芋1お芋2

夏の間じゅう、成育旺盛なつるに悩まされながらも、やっとお芋掘りの日が来ました。スタッフに手伝ってもらい、まずつるを切りはなします。本当に地面の下にお芋があるの?と半信半疑、土を掘り起こすと大きなお芋が沢山、畑じゅうに響くような大歓声をあげてしまいました。紅あずまが一番大きく、紫芋は中位、安納芋は全然育っていなく失敗でした。成城でお芋掘りが出来るとは・・・

落花生にんじん

同時に掘り上げた落花生はすぐに茹でて食べました。生の落花生の味、初体験、お味は格別でした。
人参も種を撒いてからなかなか大きくならず心配でしたが、こんな可愛いのが沢山、グリルで焼いて、オリーブ油とお塩でおいしかったです。

大根1大根2

私の一番の自慢、大根です。たぶんアグリスの畑で一番!品評会やってくれたら絶対に私が優勝、2ミリ程の小さな種から3カ月程でこんな大根が出来るなんて感激でした。そして包丁を入れた時の感触、水分が滴り落ちました。まだ残りの2本は畑に、土をかけもうしばらく居てもらいます。ぶり大根になる日まで。

トレヴィスレタス

トレヴィスの色は寒くなるにつれて深く艶が出てきます。収穫を楽しみにしていたある日、畑に行って見てショック、ちぎられた葉が散乱していて、かわいそうに私のトレヴィスはカラスにつつかれて無残な姿に、敵は青虫、ヨトウムシやナメクジだけではなかったです。カラスを見かけるとどのカラスも犯人に思えます。

芽キャベツ九条ネギ

寒くなって驚くほど元気で大きくなった九条ネギ、お薬味に最高です。
芽キャベツも青虫に攻撃されながらもやっと可愛い小さなキャベツを付けています。
冬の畑仕事は寒いのですが、寒い日程富士山がきれいに見え、とても気持ちが良く、今はほうれん草を大切に育てています。防寒ネットをかけ、少しずつ間引きをして、もう少し大きくしてから摘み、極上のお浸しや胡麻和えになります。
1月いっぱいですべて収穫を終えて菜園は2月は休園、春の準備です。
虫に刺されたり、日焼けでしみもできましたが、野菜作りの楽しさは種を撒き、育て、収穫して料理する、この一連の流れの感動でした。