Topics & Lifestyle 空閑晴美 コラム

パーティ&ディナー

6月から始めた野菜作り、夏野菜は生育が早く、水やり、収穫と沢山仕事があります。自宅の庭の手入れもしながら、畑通いは続いていますが7月は夏休み前のパーティーがいろいろありましたので、長靴をハイヒールに履き替えて・・・今月はパーティのお話をします。

クリュッグクリュッグ クリュッグクリュッグ

始めは我が家でのちょっとゴージャスなディナーの様子を<クリュッグ、コレクション85年を味わうディナー>をしました。スタートは95年のクリュッグ、キッチンで野菜やグジェールなどをつまみながら、テーブルに移って鯛の昆布しめスモークに極上オリーブ油をかけて仕上げ、ここで85年を抜きました。10年のヴィンテージ違い、95年より少し高めの温度でそっと栓を抜きました。コルクも違う!何というか・・素晴らしかったです。やはりクリュッグはクリュッグです。
画像はクリュッグの畑、クロ・デュ・メニル、グラスの中は勿論、クロ・デュ・メニルです!
肉料理には88年のロマネ・サンヴィヴァン、まさに飲み頃、鴨肉をグリルで直焼きして、限りなくブルーに仕上げ、鴨の血の香りと最高のマリアージュ

タストヴァンロティスール

私がメンバーになっている2つのコンフレリー(非営利団体)、ブルゴーニュワイン騎士団とロティスール(料理関係)のパーティです。ブルゴーニュ騎士団は六本木ヒルズクラブでディナー、冬のパーティーはブラックタイですが夏は少しカジュアル、ロティスールもブラックタイのガラディナーが年に2回程、その他にディネアミカルというカジュアルディナーが5回ほどあります。この日はビストロで、少人数のカジュアルディナーでした。両方とも会員はリボン着用、ロティスールは仕事によってタイトルがあり、リボンの色が違ってきます。このリボン、男性のブラックタイには良く合うのですが、私達にとってはドレスのデザインやアクセサリーを台無しにする事もあって、私は女性用に違うデザインがあってもいいと思っています。

シャンパーニュパーティシャンパーニュパーティ

毎年恒例、バカンス前のシャンパーニュディナー、“ジョセフ・ペリエ”をブリュット、ブラン・ド・ブラン、98、99のヴィンテージはマグナムでその後はロゼ、そして甘口と6種類を素晴らしいお料理と楽しみました。
メゾン・ジョセフ・ペリエのシャンパーニュは初めてでした。すっきりと軽やかでこういうシャンパーニュは大好きです。シャンパーニュだけのパーティー、良いですね、次の日まで良い気分です。

ブッフェブッフェ

7月のクラスをすべて終えた次の日、7月最後の暑い日曜日の午後、18人のゲストを招いてブッフェパーティをしました。人数が多いので飲み物はキッチンでサーヴィス、食べ物はダイニングのテーブルに、暑いので料理の状態に気を遣いました。シャンパーニュ7本、白ワイン2本が空いて、午後のパーティは終了、後片付けを済ませ、私はやっと夏休みモードになりました。

フランス大使館

最後に、きれいな庭だと思いませんか?東京の真ん中、広尾です。こんな素敵な庭があればいつでもガーデンパーティが出来ますね。
フランス大使館のチャリティディナーの時の写真です。