Topics & Lifestyle 空閑晴美 コラム

コンパニオンプランティング
キッチンガーデン

菜園を借りて、野菜作りを始めました。自宅の庭はすでにバラや庭木で場所もなく、ハーブ類をコンテイナーで育てる位でした。幸い、とても近くにきれいな菜園があるので、ここを借りる事にしました。畑までのアプローチや周りにも植栽されて、ハーブや草花が沢山あり、ここに来るだけで楽しくなります。最近は時間さえあれば長靴をはいて、畑に行っています。

agrisagris agrisラヴェンダー

私が契約した区画はすでに何種類かの野菜が植わっている畑で、いんげん、トマト、茄子、ズッキーニ、おくら、バジル、ねぎ、さつまいもが植わっていました。残りのスペースにスイスチャード(ふだん草)、フェンネル、タイム、チヤイヴ、ナスタチューム、マリーゴールドを植え付け、ラデュッシュの種も撒きました。

<コンパニオン プランティング>をご存知ですか?薬品は使わずに害虫を寄せ付けない草花を、野菜と一緒に畑に植えるやり方です。フランスのポタジェ、イギリスのキッチンガーデンも必ず野菜とこのコンパオンプランツの草花が植わっています。イギリスのマナーハウスなどは必ず美しいキッチンガーデンがあり、個人のお家でも可愛いキッチンガーデンを沢山見かけましたが、ほとんどこのコンパニオンプランティングというやり方、ルバーブやレタスと一緒にスイセンやビオラが咲いています。私も出来るだけコンパニオンプランツを植える事に、お花もきれいで野菜も美味しく、こんなに楽しい事はありません。ナスタチュームはアブラムシを、マリーゴールドやレモングラスも強い香りで害虫から野菜を守ってくれます。トマトの周りにバジルを植えるのも、トマトの大敵のコナジラミを退治してくれるからです。といっても畑にはモンシロチョウやアゲハが沢山飛んできます。先日も見ているそばからモンシロチョウが卵を産みつけていきました。ミツバチもぶんぶん飛んでいます。青虫やアブラムシは見つけ次第手で取ること、これは契約時の約束事です。

畑畑 畑収穫 ナスタチューム収穫

温度が高くなり、雨の後などはきゅうりやズッキーニなどは1日で驚くほど大きくなります。花の付いたままのズッキーニの可愛い事、畑に行くたびに感激の連続です。

土は40cmの深さしかないのですが微生物がたっぷり生きているのでふかふか、ラディッシュも種をまいて3日で芽が出て、そろそろ3週間ですが土をそっとどけてみると小さな赤い蕪が出来ているものもあります。

スイスチャードラディッシュ

畑に行く楽しみがもう一つ、菜園のゲートに<ご自由にお持ち下さいバスケット>が置いてあって、運が良いとおいしそうな野菜が入っています。可愛いコールラビが2つバスケットに入っていた時は本当にうれしく、生でサラダにしました。小さな人参やきゅうり、花つきズッキーニなどなど、刈り込んだラヴェンダーも沢山頂いてきました。

ズッキーニコールラビ

これからの予定はラディッシュの収穫の後、人参の種を撒きます。次に何を植えようか考えるのも楽しみですし、レシピを考えるのも畑は良い場所です。
トマトのジュレにナスタチュームの赤とオレンジの花、ズッキーニやタイムの花も添えて・・きれいな前菜が出来上がりました。

コンパニオンプランティングの先進国、イギリス王立植物園、キューガーデンではバラなどを抜いて、菜園に変えているとか・・・野菜作りは世界的ブームかもしれません。
私のキッチンガーデンダイアリー、又、続きをお伝えしたいと思います。