Topics & Lifestyle 空閑晴美 コラム

手土産ハンパー

我が家へゲストをお招きする時の事は何回か書きましたが、今回はお招きを受け、お土産に私が作ったギフトハンパーのお話をしたいと思います。

古くからの友人の素敵な邸宅にお招きを受けました。
教室のパティシエール池和田共々お招きを受けましたので、何か私達らしい、そして喜んで頂けるお土産を考え、池和田はお得意のマカロン、私は鴨のフォアグラでテリーヌを作ることにしました。
テリーヌ型そのまま差し上げても良いように、そして召し上がるだけスプーンで取り分けることが出来るように工夫しました。

3日前、フォアグラにポルト酒とアルマニャックをふりかけマリネ、次の日テリーヌ型に詰めて湯煎にして160度のオーブンで、芯温55度まで加熱、上に脂が浮いてきますのでそれを別の小鍋に取っておき、冷まして一晩重石を載せておきます。
取り分けておいた脂でシールして上に庭のローズマリーを乗せて出来上がり、セロファンでラッピング、ラフィアで結んであります。(画像では良く写っていませんが・・)

マカロンは3色、ピンクはフランボワーズ、黄色はレモン、グリーンはミントです。
クラスが終わり片づけが済んでから作っていました。
いつもは池和田のお得意のお菓子なので簡単に作ってしまうのですが、何故か今回は気に入ったものが中々出来ず、苦労をしていました。
ガゲナウのオーブン、拝んでいましたね。(オーブンのせいでは絶対にありませんからね!)
とてもフラジャイルなお菓子で、箱に詰める時壊れた物も沢山ありました。
やっと何とか可愛いマカロンが出来上がりました!(私は味見、味見で少々疲れました!)

手つきのバスケットにリネンを敷き、そこに保冷材を置いて、テリーヌを詰め、セラーから取って置きのロゼシャンパーニュを出して詰めます。
そして上にマカロン、間にはパンを詰めてみました。シャンパーニュのロゼ色、マカロンのパステルカラー、白いテリーヌ型・・・色合いがきれいだと思いませんか?

勿論大変喜ばれました!

素晴らしいお住まいで素敵な暖炉が何箇所もあります。
このアンティークの暖炉が余りに美しいので写真を撮らせていただきました。

お招きを受けた時、何をお持ちしようか考えるもの楽しいものです。

市販の物でもこの様にバスケットなどに詰めると心のこもったお土産になると思いますが、如何でしょうか?