Topics & Lifestyle 空閑晴美 コラム

GAGGENAU ガゲナウ

今、私はこの<世にも美しいオーブン>に夢中です。
料理をする人間にとって火は一番大事、やっと理想の“火”にめぐり合えました。といってもこのオーブンは電気ですが・・・

私は美しいキッチンへの憧れと共に生きて来た様な気がします。
私の世代に共通の思いかもしれませんが、アメリカのよき時代の広く美しいキッチン、大型冷蔵庫とオーブン、この憧れが原点でしょうか。
必ずオーブンと冷蔵庫は色が同じでした。
それがGEの冷蔵庫とマジックシェフのオーブン、これ以外の選択は考えられませんでした。
必ず手に入れる!
そう思いながらアメリカのTVドラマ見ていましたね。
実際に目にして使ったのは師事した先生のお宅、典型的な日本家屋なのにキッチンにはマジックシェフのオーブンとGEの冷蔵庫、それは日本で始めて輸入された3台の内の1台でした。
その時からわたしの中でオーブンはマジックシェフと決まってしまったのです。
そして3台、マジックシェフオーブンを使い続けました。
10キロのターキーも、1度に4台のジェノワーズも焼き上げてくれました。
しかし買い換える度にジープの様に堅牢なへヴィーデュティーさは消えて、がっかりさせられました。私自身の作る料理も変わってきたせいもあって、5年前に新しくした3台目は不満でした。
仕事上オーブンは2台必要でした。
そこでマジックシェフ、ガスオーブンとAEGの電気オーブンにしたのですが、AEGに比べるとなんとマジックシェフの不具合の多さ、大きなストレスになっていました。
何とか性能の良いガスオーブンに換えたいと思い、同じアメリカ製のへヴィーデュティーガスオーブンのヴァイキングに変えようと決めました。
しかしこのハイカロリーオーブン、大掛かりな耐火工事が必要で、あきらめなくてはなりませんでした。
それでも何とかしたいと、時間があればキッチンであれこれ考えていました。
そしてある日思いつきました!
ガスオーブンである必要はないのではと、性能がよければ電気が2台でも良いのではと、それならあの美しいオーブンがあるではないかと閃きました!
そうだ!ガゲナウ!

そのデザインの素晴らしさは知っていましたが、熱源がガスではないというだけで排除していたのです。

それならコンロもガゲナウにして、これはハイカロリーのガスがあります。
役に立っていない炭のグリヤードもガゲナウの溶岩石のBBQグリルにしよう!

目からうろこの決断でした。

既存のAEGをマジックシェフの後に、AEGがあった場所を改造してガゲナウを設置することにしました。
工事は仕事納め後、クリスマスの前でしたが、ついに私のキッチンにガゲナウが付きました。

うっとりするほどの美しさ、性能のすごさ、さすが320年の歴史のドイツ製、完成度の素晴らしさは使う度に感動的です。

大げさではなくこのオーブンに出会うまでの時間を無駄にしたような気さえしています。
私のキッチンの主になったオーブンは存在感も充分、そして使う側の力量を試すように手ごわいです。
まだまだ格闘中、ピザストーンもロティサリーもまだまだ使いこなさなくては・・・・

今日もお菓子の火加減、適当ではなかったです。(反省!)

しかし溶岩石のグリルは思ったより手軽、何でもおいしく焼いてくれます。
肉だけでなく魚、野菜も、トーストもお餅も、焼きおにぎりも干物も今までよりずっとおいしく焼けます。
そして後始末が楽!
素晴らしいです。

美しいキッチン、道具、これは私にとってとても大切なものです。
そして夢はまだまだ続きます。
今、水栓金具のデザインがガゲナウの美しさを損なっている事が気になって、気になって・・・
これも美しいものがあるのです!
見つけてしまいました!
ドン・ブラハ!
やはりドイツ製でした。

私のキッチンストーリーはまだまだ続きます。
又、今晩もドン・ブラハの夢見ます!