Simple & Basic Class 今月のレシピ

10月のシンプル&ベーシック

栗のお赤飯・トマトの赤だし・秋のお浸し 平目の昆布締め添え・鴨となすの八丁味噌ソース・かぼちゃのプディング

栗お赤飯
トマトと長芋の赤だし
菊ときのこのお浸し ひらめの昆布締めを添えて
鴨のローストとなす 八丁味噌のソース
かぼちゃのプディング

テーブルテーブル野菜野菜

栗、菊の花、きのこなど秋の食材を使い、テーブルも秋色にしました。

お赤飯お赤飯お赤飯お赤飯

蒸したてのおこわの美味しさは格別です。栗も入れて秋らしくしました。かつては家庭で良く作られていたお赤飯、どこの家にも大きな蒸籠がありました。

赤だし赤だし

濃い目の昆布とかつおの出汁にお味噌を溶き入れます。
トマトにはサッと煮てお椀に、長芋をすりおろし、黒七味を振ります。トマトの酸味がさっぱりした、どちらかというと暑い季節に美味しいお椀です。

昆布締め昆布締め昆布締め昆布締め昆布締め昆布締め昆布締め昆布締め

黄とピンクの菊の花、春菊、白舞茸、しめじ、椎茸を茸を下煮した時の煮汁に酢橘、出汁、薄口を合わせて全体に味を付けます。
ひらめは昆布で締めておいて添えます。黄色くなったばかりの柚子をおろして、錦秋の彩がきれいです。

鴨鴨鴨鴨鴨鴨

鴨の胸肉は脂に格子に包丁を入れて置き、室温に戻します。ストウブの鍋で8分、焼いて休ませて置き、焼いたときに出た鴨の脂でなすを焼きます。
八丁味噌を出汁で溶き、はちみつ、生姜の絞り汁を加えて火にかけ、出汁溶き片栗粉で濃度を付けてソースにします。

プディングプディングプディングプディングプディングプディング

かぼちゃは皮を剥いてレンジで柔らかくします。牛乳、生クリーム、卵、砂糖、シナモンをブレンダーで合わせてストレーナーを通します。
キャラメルソースを流し、冷ましておいたココットに入れて湯煎で焼きます。
暖かくても冷ましても美味しいです。