Simple & Basic Class 今月のレシピ

4月のシンプル&ベーシック

物集女産の筍をつかって桜の季節の松花堂弁当

「桜の季節の松花堂弁当」
刺身:いかと筍の木の芽和え
焼き物:牛肉の黄身おろし和え
煮物:ひりょうずと独活
物相ご飯:筍ご飯
椀物:桜真薯
甘味:わらび餅

松花堂弁当お椀

桜の季節の松花堂です。京都、塚原、物集女産の筍を使いました。今年は異常なほど春の訪れが早く、4月に入ると桜は早くも散り始めました。

筍ご飯筍ご飯筍ご飯筍ご飯

物集女の筍はあくが少なく、やわらかいので短時間茹であがります。お揚げと出汁でご飯に炊き込んで扇面で抜き、物相ご飯にしました。

木の芽和え木の芽和え木の芽和え木の芽和え

庭の山椒の芽吹きも早く、たっぷり刻んで使います。山利の白みそも木の芽味噌で使い切ります。卵黄、調味料と練り上げ、冷まして刻んだ木の芽と合わせます。下煮した筍と霜降りにしたいかを和えます。

牛肉牛肉牛肉牛肉

焼き物には魚を入れる事が多いのですがあえて赤身の牛肉を焼いて、黄身おろしを添えました。ランプの部位を焼いてスライス、室温に戻す事、側面を焼く事、余熱を使う事などに気を付ければ美味しく焼けます。

ひりょうずひりょうずひりょうずひりょうず

ひりょうずは熱湯をかけて、出汁で煮含めます。途中で独活を加え、別に塩茹でしておいたこごみを加えました。

お椀お椀お椀お椀

帆立貝の真薯を桜の葉で包みお椀にしました。葉はしっかり塩出しをしておきます。ついでに桜の花も。
真薯は帆立に半量ほどのすり身を加えてプロセッサーに、葉で包み蒸します。
菜花と共にお椀に桜の香りのお椀です。

わらび餅わらび餅わらび餅わらび餅

わらび餅を作るには本わらび粉、わらび餅粉とありますがやはり100%わらび粉の本わらび粉を使いたいです。
水と砂糖を加えて良く練り上げ、氷水に放します。
黒蜜も黒糖から作りましょう、美味しさが違います。
夏の甘みは寒天、葛、わらびと黒糖ですね。