Simple & Basic Class 今月のレシピ

春の押し寿司

海老のおぼろの押し寿司・湯葉のお椀・ほうれん草とイカの和え物・苺ゼリー

海老のおぼろの押し寿司
鶏肉と湯葉のお椀
いかとほうれん草の和え物
苺とコンデンスミルクゼリー

テーブル花

まだ寒いのですが立春を過ぎると日も長くなり、日差しに力強さを感じるようになります。少し春を感じられるお寿司にしました。

お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司

おぼろにした海老、椎茸、牛蒡、かんぴょうの煮た物を押し寿司にしました。錦糸卵はふんわりと乗せ、菜の花と酢ばすで春を添えます。
海老は質の良い物を使って下さい。天使の海老というブランド名で売られている有頭海老を使いました。1sの海老も頭と殻を取り除くと約半分になってしまいます。サッとゆでてからプロセッサーで細かくし、炒りつけます。
かんぴょうと椎茸、牛蒡はやや濃い目に味をつけ、酢飯の間に挟みます。海老のおぼろは上に乗せて押し、しばらく置いてから切り分けます。

お椀お椀お椀お椀

鶏むね肉は皮を取り薄いそぎ切りにして片栗粉をまぶし、熱湯をくぐらせます。
昆布とかつをで一番出汁を取り、鶏と戻した湯葉、三つ葉で仕上げます。
鶏むね肉は片栗粉をまぶす事でパサつき感がなくなりますが火の通し過ぎには気を付けて下さい。

和え物和え物和え物和え物

ほうれん草、紋甲いか、油揚げを生姜醤油で和えただけですが、彩も美しい美味しい和え物です。揚げは直火でパリッと焼き、いかは鹿の子に包丁目を入れてサッと湯通し、氷水に取ります。生姜、醤油、出汁を合わせて和え、おろししょうがを添えます。

苺苺苺苺

毎年新しいブランドの苺が出てきますね。生産者の方々の努力がすごい。色もきれいでしばらく楽しめそうです。勿論そのままで十分おいしいのですが、コンデンスミルクと苺という取り合わせも魅力的です。
コンデンスミルク、牛乳、生クリームをゼリーにして苺はシロップを作っておきます。
グラスに白いゼリー、生の苺、リキュール入りのシロップを盛り、ミントの葉を添えました。
さっぱりと和のメニューには良いお口直しです。