Simple & Basic Class 今月のレシピ

<茶巾寿司と手毬寿司・帆立と菜の花のお澄まし・キャベツとあさりの辛子酢味噌和え・わらび餅>

茶巾寿司と手毬寿司・帆立と菜の花のお澄まし・キャベツとあさりの辛子酢味噌和え・わらび餅

茶巾寿司と手毬寿司
帆立と菜の花のお澄まし
キャベツとあさりの辛子酢味噌和え
わらび餅

テーブルヒヤシンス

3月になると気温は低くても、春が近いことを感じられるようになります。
桃の節句に茶巾寿司と手毬寿司を作りました。

お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司お寿司

酢飯を半分にして、茶巾用には椎茸と牛蒡をやや濃い目に煮た物、鯛のおぼろ、蕗を混ぜます。26pのフライパンで卵を焼いて包みますが、あらかじめ100g位に丸めておきます。昆布は戻して細く切りますが、昆布は結びやすい薄めの物を選んで下さい。
手毬寿司は鯛又はひらめを昆布じめにして、丸めた酢飯と一緒に丸く形を作っていきます。木の芽がまだ芽吹いていないの、名残の柚子をのせ、スモーク塩と鮎魚醤、オリーブ油を振っています。
ピンクにした酢バスを添えてピンクのお皿に盛りました。

お椀お椀お椀お椀

帆立貝は2枚に切り、片栗粉をはたいておきます。サッとゆでてから出汁に入れます。昆布とかつおで出汁を引き、帆立のおいしさも加わります。菜の花を添えました。

酢味噌和え酢味噌和え酢味噌和え酢味噌和え

春キャベツと人参、あさりを辛子酢味噌で和えました。白みそは使わないで田舎みそ、からしを効かせてお惣菜のからし酢味噌和えです。

わらび餅わらび餅わらび餅わらび餅わらび餅わらび餅

わらび餅粉、特選わらび餅粉、そして本わらび粉と色々あります。勿論、本わらび粉を使わないとおいしいわらび餅は出来ません。
和三盆を加え、練り上げ、冷やし丸める・・・作業は単純ですがしっかり練り上げるには根気と力が要ります。
丹波の黒豆黄な粉と波照間の黒糖蜜をかけます。
シンプルなものだけに素材の良し悪しが分かります。