Simple & Basic Class 今月のレシピ

お節料理

お節料理

一の重 口取りと祝い肴
(黒豆 田作り かまぼこ 伊達巻 昆布巻 栗きんとん 錦卵)
二の重 焼き物と酢の物
(鴨ロース 数の子 鰤の柚庵焼き 牛肉の八幡巻 紅白なます)
三の重 煮物
(八つ頭 手綱こんにゃくと笹ごぼう ねじり梅 高野豆腐 蓮根)
鴨雑煮
(鴨胸肉 せり 大根 柚子 焼き餅)

テーブル洋皿盛り付けクラス野菜

今年も12月のシンプル&ベーシッククラスはおせち料理です。家庭で作ることが少なった今、生徒の皆様には何としても伝えていかなくてはと、更に気合が入ります。
今年のテーマは出汁、本物のお出汁のおいしさを知っていただきたく、本枯節をかいて作りました。初めての経験の方がほとんどでしたが、おいしさは伝わったでしょう。

お雑煮かつおぶし出汁出汁出汁お雑煮

鴨雑煮です。鴨の胸肉はそぎ切りにして湯通し、お澄ましに加えます。
大根も下茹で、せりはサッと出汁にくぐらせます。
柚子の香りと出汁の香りが広がります。

壱の重かまぼこ黒豆黒豆きんとんきんとん伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻錦卵錦卵昆布巻昆布巻田作り南天

一番華やかな一の重、主役は伊達巻ですね。焼き立ての伊達巻のおいしさは格別、芝海老にすり身を足して、バイタミックスで卵と調味料、すり身、海老を混ぜてオーブンで焼きます。
黒豆はゆっくり時間をかけ、弱火で柔らかくします。
どれも何年も作り続けているものばかり、でもその年によって少しづつ違うのは不思議です。過ぎ去った多くの年の瀬を思い出しながら、今年もこうしてお節のクラスが出来て幸せです。
母が作っていたもの、師事した先生のもの、バイタミックスやクイジナート総動員の私のやり方、すべて混ざってこの形になりました。

弐の重器鴨鴨ぶり数の子八幡巻八幡巻なますなます

二の重には焼き物、酢の物を入れます。鴨、鰤の柚庵焼き、数の子、牛肉の八幡巻、紅白なますを入れました。昨年は松前漬け、海老などを入れました。毎年少しずつ作るものを変えていますので、過去のレシピを見て何を作るかお決めください。菊花かぶ、からすみ大根、松風焼・・・もっともっとたくさんあります。

三の重煮物煮物煮物高野豆腐蓮根

三の重はお煮物、八つ頭、高野豆腐、手綱こんにゃく、笹ごぼう、ねじり梅、蓮根をそれぞれ別々に煮ています。お出汁を効かせてお味は薄くしています。
お節に欠かせないくわい、これが手に入らないので困ります。暮れになると出回ると思いますので、芽を落とさない様に煮て下さい。
それぞれに保存容器に煮汁ごと保存し、2日目位には火を通した方が良いでしょう。薄味に作っていますので管理保存には注意して下さいね。
家庭料理の豊かさを見直す良い機会にもなります。丁寧に年の初めのお祝い膳を準備なさってください。それぞれの家庭の食の文化を伝えて行って頂ければ、私の仕事も少しは意味あることに思えてきます。

どうぞ良いお年をお迎えください。