Simple & Basic Class 今月のレシピ

<お節料理>

お節料理 お節料理

お節料理

テーブルテーブル

12月のSBクラスは毎年お節料理です。

一の重田作り伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻沢煮椀沢煮椀沢煮椀沢煮椀

一の重は口取りと祝い肴です。田作り、黒豆、きんとん、かまぼこ、伊達巻、昆布巻が入ります。
黒豆を水に浸すことからお節作りは始まります。丹波の大粒の黒豆は艶やにふっくら仕上げます。伊達巻は海老のすり身と白身のすり身、卵をプロセッサーで合わせてオーブンで焼き上げますが焼き立ての伊達巻のおいしさは格別です。

二の重海老鴨鴨松前漬け松前漬け柿なます柿なます竜眼揚げ竜眼揚げ竜眼揚げ竜眼揚げ

二の重は焼き物と酢の物、鴨ロース、松前漬け、柿なます、竜眼揚げ、海老です。松前漬けはするめではなく帆立にし、数の子、昆布、人参、セリです。
干し柿の柿なます、海老は楊枝で丸まるように形をつけて止めて煮ると形が揃います。竜眼揚げは見た目が華やかでお勧めです。鶏ささみは薄くたたき、海苔を重ねて鶉卵を巻いて揚げます。半分に切るとかわいい竜の目です。

三の重煮物高野豆腐牛蒡 蓮根 椎茸里芋人参こんにゃくこんにゃく

三の重は煮物、高野豆腐、里芋、手綱こんにゃく、牛蒡、蓮根、しいたけ、人参です。牛蒡、しいたけ、蓮根は一緒に煮ますが、こんにゃくは炒め煮、人参はねじり梅にして色よく煮ます。
本番では里芋ではなく八つ頭を使ってください。まだ手に入らないので里芋を使いましたがお節には八つ頭です。

雑煮雑煮

お雑煮のおいしさはお出汁で決まります。私はお澄まし仕立ての関東風、鶏むね肉、小松菜、三つ葉、柚子です。
昨今は手作りすることが少なくなったおせち料理、この素晴らしい食文化を残してほしいと思います。
心を込めて一品一品調理して、新しい年を迎えるお支度をしてください。