Simple & Basic Class 今月のレシピ

<おせち料理>

一の重: 口取りと祝い肴
黒豆・田作り・伊達巻・栗きんとん・紅白かまぼこ・数の子・二色卵

二の重: 焼き物と酢の物
紅白なます・帆立の黄金焼き・たこのマリネ

三の重: 煮物
昆布巻き・筑前煮

又、この季節が廻ってきました。
まだ寒さも本格的ではなく、庭の木々には葉が残っています。
しかし12月に入り、おせち料理の授業をすると暮れが近いことを感じるようになります。

出来合いの物を買ったり、全く準備をしない家庭がほとんどだとか、そんな世の中の流れに逆らい、何とかこの素晴らしい食文化を見直して欲しいという強い思いで毎年続けています。

三段重に詰める事を考えて作っていますが、お皿に盛り付けても良いでしょう。

普段は決して作る事のない料理ばかりで、材料の少なかった時代の工夫が偲ばれます。

先ずはそれぞれの家庭に伝わっているものを大切に、その上で私の料理が参考になればうれしいです。
私の作るおせちは母が作っていたもの、師事した先生の料理、私が工夫をして作りだしたものが混ざっています。

以前ほど沢山は作らなくなりましたが、今年も1年の締めくくりとして、来年も元気で働けますように、良い年になりますようにという祈りを込めて作ります。

どうぞ良いお年を。