Simple & Basic Class 今月のレシピ

おせち料理
一の重(祝い肴)二の重(焼き物と酢の物)三の重(煮物)

おせち料理 一の重(祝い肴)二の重(焼き物と酢の物)三の重(煮物)

一の重(黒豆 田作り 伊達巻 かまぼこ 栗きんとん 錦卵)
二の重(昆布巻き 鴨ロース 松風焼 海老の炒り煮 数の子 なます)
三の重(高野豆腐の射込み 蓮根 里芋 慈姑 手綱こんにゃく 梅人参)

テーブルテーブル

今年もこの季節になりました。毎年12月のS&Bクラスはおせち料理を作ります。
それぞれ家庭の味というのなくなりつつあります。お節料理は出来ているものを買うというのが当たり前の世の中だからこそ、家庭料理としてのお節料理を伝え、残していきたいと思っています。

一の重伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻

伊達巻が入るとお重が華やかになります。まさにお節の主役です。オーブンで焼きますので失敗はありません。すり身に帆立を混ぜています。ふんわりと甘さも控えめです。「伊達巻って美味しいものですね」出来立てを召し上がって生徒さん皆さん、そうおっしゃいます。

黒豆黒豆

今年はいつもの煮方を変えました。初めから調理料を入れて煮ます。お醤油も加えて、黒く上げるために鉄を加えて8時間ほどかかります。真っ黒にこっくりと仕上がったお豆はいかにもお祝い膳にふさわしい一品です。
いつも黒豆を浸すことからお節作りがはじまります。

田作り田作り栗きんとん栗きんとん錦卵錦卵

お決まりのものですが1品1品なんともお節らしい、お重に詰める時が楽しいものです。

二の重数の子昆布巻き昆布巻き鴨ロース鴨ロース鴨ロース鴨ロース

昆布巻きは昆布だけのプレーンな物です。お味もあまり濃くしないで昆布のおいしさを味わいます。
鴨ロースは作っておくとそのままでも美味しいですし、柚子胡椒ドレッシング、ワサビなど、変化をつけやすくとても便利です。お雑煮に入れても、お餅に飽きてきたらお蕎麦にも使えます。

松風焼松風焼

今年の松風焼は少し変えて、カシューナッツ、胡桃、レーズンなどを入れてみました。オーブンで焼き、ポピーシードを振り、バーナーで焼いて仕上げます。

海老海老

有頭海老は殻のまま、串を打って火を通します。色が鮮やかなのでお重が華やかになります。

紅白なます紅白なます

大根の5分の1くらいの金時人参を合わせ、甘酢に浸けておきます。柚子釜に詰めても、こはだやナマコと合わせても良いので便利です。

三の重煮物高野豆腐梅人参高野豆腐高野豆腐高野豆腐高野豆腐

高野豆腐は射こみにしました。海老のそぼろを詰めて、一旦蒸してから煮ていきます。十分にお味を浸みこませてとても美味しい一品です。
高野豆腐は戻し方が難しいので丁寧に戻して下さい。

こんにゃくこんにゃく

手綱にして炒め煮にしました。ピリッとしたごま油の香りが利いています。

里芋くわい

里芋は面取りをして下茹でをしてから出汁で煮ます。慈姑はくちなしの実で色を付け、芽を落とさないように煮ます。忙しい時はつい、煮崩れさせてしまったり、慈姑の芽を落としてしまったりと何度も失敗を重ねています。弱火で丁寧に煮てください。

雑煮雑煮雑煮雑煮

お雑煮は出汁で決まります。関東風なので昆布とかつおで取ったお出しをお澄ましに仕立て、鶏、小松菜、三つ葉です。