Simple & Basic Class 今月のレシピ

<お節料理>

おせち料理

一の重(黒豆 田作り かまぼこ 伊達巻 きんとん 錦卵)
二の重(昆布巻き 松前漬け 紅白なます 松風焼 海老の炒り煮)
三の重(里芋 高野豆腐 蓮根 慈姑 牛蒡 こんにゃく 人参 椎茸)

クラスクラスクラスクラス

S&Bクラスは毎年お節料理です。長い事続けていますので、おせち料理は家庭料理の伝承という、私の思いがだんだん生徒さんに伝わっているようで、うれしいです。そして今年は雑誌”ミセス“新年号で10ページほど掲載しています。お料理屋さんの豪華なお節に比べると地味ですが、私はお節は本来素朴な料理だと思っています。

一の重一の重黒豆田作り伊達巻伊達巻伊達巻伊達巻錦卵錦卵錦卵錦卵きんとんきんとんきんとんきんとん

一の重は口取りと祝い肴が入ります。いわゆるお節らしいものです。黒豆は時間がかかりますので、ゆったりと弱い火で煮ていきます。伊達巻はすり身に加え、芝海老を使っていますが帆立でも良いでしょう。
きんとんは鳴門金時を使ってください。

二の重南天昆布巻き昆布巻き松前漬け松前漬け紅白なます海老の炒め煮鶏の松風焼鶏の松風焼

二の重は焼き物と酢の物です。酢の物は汁が出てしまわないように柚子釜に入れると納まりが良いです。あとは鰆の西京焼き、こはだやタコ、なまこ…色々ありますがお好みの物を詰めてください。

三の重くわい煮物里芋人参こんにゃく

三の重は煮ものです。それぞれ下茹でなどの下拵えをしておきます。そして煮物は何といっても出汁が大事です。たっぷりのお出汁を取ってから始めましょう。地味な色合いになりがちですが、ねじり梅にした金時人参、くちなしの実で色付けした慈姑が華やかさを添えてくれます。

お雑煮、私は関東のお澄まし仕立てのお雑煮を作りますが、お雑煮は地方により、家庭により様々だと思います。丁寧にお出しを取って美味しいお雑煮と共にお節を召し上がって下さい。