Simple & Basic Class 今月のレシピ

<アジアンフュージョン メニュー>

アヴォカドとスモークしたまぐろの生春巻き
スパイシーな焼き豚とアールグレイの香りの冷たい麺
パイナップルのキャラメリゼ アイスクリームを添えて

そろそろ梅雨も明けて暑い夏、そこで今月は和のメニューはお休みしてチャイニーズ風のアジアンメニューにしました。

おなじみの生春巻き、ライスペーパーでアヴォカドとまぐろを巻き、レモンと胡麻油、柚子胡椒のたれですっきりと仕上げました。
焼いたピーマンと茄子を添えましたがライスペーパーで巻かなくても、全部、角に切ってサラダに仕上げても良いでしょう。

この麺は先ず豚肉を煮る事からはじめます。ストウブのお鍋で煮ますので水分は日本酒と醤油だけ、花椒、八角、コリアンダー、シナモンや生姜、にんにくなどで香りをつけて、はちみつで甘さを加えています。
この豚肉は様々な料理に使えます。蒸して冷やしたなすとあわせたり、シャンツアイとサラダに、お豆腐にもそうめんにも使えます。
そして一番美味しいのが煮汁、そこでこのスパイシーな煮汁に濃く煮出したアールグレイを合わせておそばにしました。
前菜のまぐろをスモークした時に一緒にスモークしたゆで卵も添えて、野菜たっぷりのおそばが出来上がりました。

デザートはパイナップル尽くし、パイナップルは上のほうは甘味が余り無いので、ピュレにしてアイスクリームを作りました。
下半分はキャラメリゼ、ラム酒でフランベしてアイスクリームに、熱いパイナップルを添えて、すぐに溶けない内に召し上がって頂きます。
いつも作る度に思いますが、どうして出来たてアイスクリームはこんなに美味しいのでしょう。
教室ではデロンギの半業務用を使っています。
大きいので購入の時迷いましたが、今では大活躍、これ無しではデザート作りは出来ませんし、デザートだけではなく料理にも、今月のフレンチでは甘くないココナツソルベをスープに浮かべます。