Simple & Basic Class 今月のレシピ

<海老のお寿司>

サーモンの昆布和え柚子風味
海老といくらのちらし寿司
白魚の卵とじ
焼きりんごの生姜風味の葛あんかけ

今年は立春が過ぎても寒い日が多く、献立も春と冬の境目のようなものになってしまいます。
春のお寿司は筍が出回ってくるまで待つ事にして、彩りだけ少し華やかにしました。
ごぼう、高野豆腐、椎茸、もみ海苔を酢飯に混ぜ、車海老、錦糸卵、菜の花、いくら、酢ばすを添えて出来上がりです。
このピンク色の酢ばす、着色は何だと思いますか?
ハイビスカスです。
ハーブティとして売っています。
香りは余りなく少しの酸味だけなのでフレンチでもフルーツのコンポートやソルベの着色に使います。

添えるお椀は春の魚、白魚です。
かつおと昆布の一番出汁で卵とじに、そしてもう一品、スモークサーモンをから炒りして粉にしたとろろ昆布をまぶして、柚子大根とめかぶを添えました。
デザートは温かい葛あんをかけたりんごのコンポート、生姜の香りです。